Lancers・CroudWorks・coconala-クラウドソーシング+スキルマーケットで稼ごう!

Lancers・CroudWorks・coconala-クラウドソーシング+スキルマーケットで稼ごう!

Lancers・CroudWorks・coconalaなどのクラウドソーシング+スキルマーケットを利用する

「私はフリーランスになったー!」と高らかに宣言しても急にお仕事は入ってきません。

元々取引先を持ってフリーランスになった方以外はまず営業活動から始めないといけません。

ただ駆け出しフリーランスにとって当てのない営業活動が実る事は難しいでしょう。

そこでデザイナーやプログラマー、ライターなどでフリーランスになった方はLancers・CroudWorks・coconalaなどのクラウドソーシング+スキルマーケットを利用する方法があります。

クラウドソーシング とは

クラウドソーシング とは多数ある仕事依頼の中から自分に合った仕事を選び、条件(金額や納期、制作物など)を提示し、発注者から選定されればお仕事成立というものです(受注者主観でいうとです)。

メリットとしましては

  • 「作りたい」「必要性がある」などコンバージョン率の高い相手に直接アプローチが出来る。
  • 場所を選ばず全国規模への営業が出来るので時間や交通費などのコスト削減。
  • 得意な分野の仕事を選んでアプローチ出来る。

などです。

日本で有名なクラウドソーシングサイトとしては Lancers(ランサーズ)・CroudWorks(クラウドワークス)があります。

案件としては主にデザイン・WEB制作・ライティング・プログラミングなどの仕事があり、発注者の依頼方式によってその成果報酬の形式が違います。

コンペ方式

その名の通り制作物にてコンペに参加し、コンペで採用されると報酬を得るという方式です。

主にロゴやWEBなどのデザイン案件で使われる方式です。

固定報酬方式

こちらの方式では提案時に作業に対しての金額を提示し、採用され作業完了後に報酬を得るという方式です。

ライティング案件では文字単価での案件もあります。

時給報酬方式

作業した時間での時間給報酬を得る方式です。

主に常駐案件(企業様に出向して作業をする)が多いですが、中には在宅等での案件もあります。

タスク方式

アンケートなどに答えて報酬を得る方式です。

スキルマーケットとは

スキルマーケットとは自分のスキルを販売出来るマーケットです。

例えば…

  • ホームページ制作1サイト○○円
  • ライティング1000文字○○円
  • ご相談1回○○円

などです。

スキルマーケットサイトで言うとcoconala(ココナラ)ですがランサーズストアというランサーズ内でのスキルマーケットなどもあります。

フリマアプリを使用するような気軽な感じで自分のスキルをサービスとして販売する事が出来ます。

サイト紹介

各サイトの特徴と成果を上げる為のポイントを挙げてみました。

Lancers(ランサーズ)

仕事件数 受注者登録数
1,374,412件 945,478件

(2019/02/21現在)

受注者=「ランサー」と呼ばれています。

CroudWorksよりも初心者向きの安心な案件が多い印象です。クラウドソーシング初心者はランサーズを軸にしても良いかもです。

またランサーズストアというストアマーケットもあり、スキルを使ったサービスを販売する事が出来ます。

ココがポイント!

・ランクを上げよう!

ランサーズでは特定の条件を満たすことによってランクアップするシステムがあります。

ランクアップすると発注者から見た際の提案の表示順位が優遇されるという特典があります。箔が付くという事も相まってランクの有無は結構影響あります。ランクをアップさせるハードルもシルバーまででしたらそこまで高くないので是非ランクアップを目指してください。

CroudWorks(クラウドワークス)

仕事件数 受注者登録数
1,254,397件 1,783,545件

(2019/02/21現在)

クラウドワークスはランサーズに比べると玄人向けの案件が多いクラウドソーシング サイトです。

WEB制作に関しても「Gitくらいは知っておこう」的な感じです。

その分、質の高い案件(単価ではなく案件内容)が多い印象です。

ココがポイント!

・短期間での報酬出金が可能!

フリーランスには非常に有難い短期間(3営業日)での報酬支払が可能な「クイック出金」というシステムがあります。キャッシュフローで頭を悩ませる方には非常に有難いシステムです。

coconala(ココナラ)

「 みんなの得意を売り買い」のキャッチコピーの通り、自分のスキルを売る事が出来るスキルマーケットです。

占いや似顔絵、ダイエットなど様々なジャンルのサービスが販売されていて見てるだけでも結構楽しいです。

ココがポイント!

・サービスの定額販売が可能

クラウドソーシングの様に相手のご予算等に合わせた調節などの必要がなく、決まったサービスを定額で販売できるのが魅力です。

「採用される」「売れる」為のポイント

【自分だけのPRポイントを作る】

ここが一番重要なところになります。

個人で行っている場合は価格で勝負しがちですが、他にももちろん同じ考えの方もいて、その中での差別化が必要となってきます。

また時代の流れ的にも「WEBやデザインは+α」という昔の様な考え方も変わってきており「価格」よりも「質」や「対応」といった部分が重視されるようになってきたように思います。

その中で自分でPR出来る部分が必要になります。

例えば

  • 〇〇の様なデザインが得意です
  • WordPressが得意です
  • ご連絡に即時対応します
  • 即納対応、ご希望の納期に必ず対応します

など、何でもいいのでPRポイントを決めていると成約率が高くなります。

【実績を作る】

各サービス内で実績を作るのが大切です。

大型の案件をご依頼される依頼主の方は過去にどのような実績があるのかを見る方も多いです。

各サービス外での実績も当然としてあった方が良いのですが、サービス内での実績はプロフィール画面等で表示されたりと一目で分かりやすいPRポイントとなります。

またサービスによってはランクアップシステムがあったりもするので、採用の際のバロメーターとなります。

いきなり大型案件を狙うのは実力のある方以外は難しいと思いますので、まずは簡単な案件で実績作りをするのも方法です。

まとめ

今回3つのサービスを紹介しましたが、他にもたくさんのサービスがありますし、今後も増えていくと思います。

まずは自分にあったサービスを探すこと、そして継続し続ける事が大事です。

ただ実際の所、こういったサービスのみで生計を立てれる方は一部の方のみですし、サービスが停止になった時の事も考えていく必要があるので、別の方法での集客も必要になります。

ひとつのきっかけとして利用されていない方は利用してみてはいかがでしょうか。